ADHD・多動症の原因

ADHDも原因は?遺伝性や母親の妊娠中の環境も要因になることもあります。ADHDも原因についてご紹介します。
MENU

ADHDも原因は?遺伝性や母親の妊娠中の環境も要因になる?

ADHD(多動性障害)は出産前か出産後すぐの脳の発達途中に表れる働きの不具合の一つとされています。

 

ADHDの子どもには,、家族に同じような傾向の人が見られるケースが多く遺伝性が高いと考えられます。また、妊娠中の母親の喫煙について調べた研究では喫煙習慣がある母親の子どもがより多くADHDになりやすいというデータもあります。

 

妊娠中にタバコを吸っている母親や妊婦のそばでタバコを吸って受動喫煙を強いている父親は、生まれてくるわが子がADHDになるように働きかけているといっても過言ではないと思います。

 

また、低出生体重や早産、新生児仮死といった、周産期(生まれる前後数ヶ月間)の異常事態も、ADHDの遺伝子を活性化させてしまう原因となり得るこtがあります。

 

特に超未熟児の場合は単にADHDのみならず、LDや広汎性発達障害などの複合した発達障害をその後遺症として生じやすいことが問題になっています。

 

 

このページの先頭へ