家庭でできるADHD対策

ADHDを家庭でできる対策はあるの?家庭でできるADHD・多動症の対策をご正気あします。
MENU

家庭でできるADHD対策は?

ADHDの子どもたちに、家庭ではどのような対応をすればいいでしょうか。もっとも大切なことは、たとえ発達障害があろうがなかろうが、それをひっくるめてわが子を受け入れるということです。

 

まず、このことが家庭でしっかりとなされていないと、どのような対応も表面的なものになってしまいます。親としては、わが子のマイナスもプラスもすべて受け止めてあげなければなりません。このことは、当たり前だと思いますが、実はなかなか難しい場合があるようです。

 

たとえ軽度の発達障害とはいえ、わが子の生まれつきのマイナスの部分は、なかなか受け入れられないものです。しかしそれでは、何を家庭でやるべきなのかを考える以外に、わが子を否定してしまっていることになります。

 

まず、子どもの存在を肯定してかからなければ話を進めていくことはできません。どんな人間でも大らかに受け入れようという姿勢をもっていただきたいものです。

 

このページの先頭へ