ADHD・多動症の診断法

ADHD・多動症の診断法についてご紹介します。
MENU

ADHD・多動症の診断法について!

ADHDをどうやって診断するか?その方法をご説明します。ADHDだと診断だと診断される子どもは、注意欠陥、あるいは集中することが困難な状況、または多動性・衝動性が・年齢を十分に考慮した場合でも、非常にそぐわない幼さを示します。

 

したがってそのような状態が7歳以前(幼稚園や保育園のころ)から表れ半年以上にわたって続けて見られる場合に、ADHDを疑うことになります

 

もっとも早い時期の症状としては、母親が妊娠中、すでに母体内で多動性を示し、子宮の壁を足でドンドンと蹴っていたというエピソードを聞くことがあります。

 

乳児期に、ハイハイやほふく前進のように体を移動する能力が身につくと、途端にシャカシャカと目まぐるしく動き出し、目が離せないという状況も出てきます。

 

ここからと思えばもうあちらというような素早い動きで、部屋中を動き回っていたずらをし、ベビーフェンスを設置しておかないととんでもないところへ散策にいってしまうといいます。

 

歩き始めるとさらにパワーアップして、スピードや行動範囲が想像をはるかに超えたものになる場合があります。

 

やはり、ベビーフェイスや部屋の鍵をしっかりとかけて戸締りをしておかないと、目を離した隙に家の外へ出てしまうことさえありまます。乳幼時期にもっとも怖いのは事故です。浴槽にはまって溺死したり、交通事故にあったりしないように極力注意してください。

 

このページの先頭へ