ADHDの集中力と持続力

ADHDの子供は、集中力と持続力がない傾向にあります。ADHDの集中力と持続力の問題につてご紹介しまし。
MENU

ADHDの集中力と持続力の問題!

ADHDの子供は、どんなことにも集中力や持続力が続かないかというと決してそうではありません。好きなことやとても興味のあることについては、かえって人並み以上の集中力や持続力を発揮することがあります。

 

しかし、好きなことになると、その1つだけに集中しすぎてしまい、時間が来たからやめようとか、食事の時間だから切り上げようと注意しても、まったく聞こえなくなってしまいます。

 

そのため自分勝手な性格として秋に受け取られ、ひんしゅくを買うことがあります。半面、ちょっとでも興味の持てないことがあると注意がどんどん散漫になってしまい、少しも集中することができません。

 

自分の周りに興味を引くような視覚的刺激や聴覚的刺激があると、注意がそちらに次から次えと移ってしまいます。そのためある程度集中力を必要とするような作業への取り組みはなかなかできません。

 

集中力や持続力がない子供には、ある程度の理解を持って接する必要があります。 子供が人と接する時間は学校が一番長いので先生は注意深く観察することが大切ですね。

このページの先頭へ