ADHDの集団行動が出来ない問題

ADHDを持つ子供は、集団行動が取りにくい傾向にあります。ADHDの集団行動につてご紹介しまし。
MENU

ADHDの子供は集団行動が出来ない?

ADHDを持つ子供は集団行動を取りにくい傾向があります。その理由としては、他の子供たちのように一定期間、じっと我慢して自分の衝動を抑えることが出来ないことが理由の一つになります。

 

これは、ADHDの特性である「衝動性」と言うことからの問題になります。

 

特に一人っ子の場合は、家庭でなどで自分の好きなように過ごしている時は目立った問題はありません。しかし、幼稚園や保育園に入ると同年代の集団に入るので、他の子供と同じ行動が取れません。

 

もう一つに理由は、人とのかかわりが少ない、社会的コミュニケーションが上手の取れない、社会的な想像力は幼いか身についていないことが挙げられます。

 

社会的な想像力が未熟お例としては、集団での場の雰囲気がつかめず、廻りの様子から判断して上手くふるまうことがズ、祖祖の場で浮いてしまいます。

 

このような行動は、ADHDの中に広汎性発達生涯と言う特性を一緒にもっていると言うことを理解して対応する必要があります。

 

ただ単に我がままな自己中心的な性格、保護者の教育や躾の怠慢でとみなされてしまうことになります。

 

何度注意しても全く効果がなく、同じことを繰り返されるので親や教育者は我慢の限界を超えて、体罰や児童虐待いなでエスカレートすることのあります。このようなことは絶対避けななくてはいけません!

このページの先頭へ